【獣医に聞いた!】ドッグフードのおすすめランキング

私は幼少の頃より犬と生活を共にしてきました。
雑種、マルチーズ、チワワ、ポメラニアン。

 

ご存知の通り、昔は今ほど「ドッグフード」に種類などありませんでした。
実際昔は犬マンマ、つまり私たちの食べたものの残り物をあげていたわけです。
ご飯に味噌汁をかけただけのものがベースでした。
今では考えられない事ですよね。

 

私がドッグフードについて考えるようになったのは愛犬の体調不良でした。
今まで病気もする事なく、元気に癒してくれていた愛犬が突然苦しそうにしているのを見て、初めて犬について真剣に勉強しようと思ったわけです。
とても愛犬家とは言えないですよね。

 

 

しかし、色々と勉強していく中で感じたのは、「知らない事は怖いもの」だという事でした。

 

 

これまで「近所にあるから」というだけでスーパーやコンビニでドッグフードを買っていましたが、今は決まったフードを決まった所から通販で購入しています。
日用品の延長で置かれているドッグフード。
つい日用品の感覚で購入していたドッグフード、今は間違いであったと確信しています。

 

 

【百聞は一見に如かず】獣医さんにも聞いてみた!

 

ドッグフード,おすすめ,ランキング

 

獣医ではよくロイヤルカナンのパンフレットが置いてますけど、
獣医さんが愛犬にあげているドッグフードって何か?

 

 

気になりませんか。
はい、聞いてました(笑)

 

 

ずばり、メーカーさんがサンプルを付けてくれやすいから置きやすいとの事でした。
パンフレットにサンプルのドッグフードが付いてあるものをよく目にすると思います。
聞いてみると納得の普通の回答でした。

 

 

そうなると、やはり獣医さんが愛犬に与えているドッグフードを知りたいですよね!?
以下ランキングを参照下さい。

 

 

 

かかりつけの獣医さんに伺ったおすすめのドッグフードランキング

 

一位

1位 オリジン

オリジンドッグフード公式ページ

 

 

プレミアムドッグフードとして有名ですよね。
犬を飼っている方でオリジンを聞いたことがない方はいらっしゃないと思います。
公式サイトを見てもその徹底ぶりが伺えます。疑いようのないグレインフリーの王様だと私は思います。
獣医さんが愛犬にあげているという時点で気になってしょうがないです。
良質なのはわかりますが、多頭飼いの私にはちょっとお高いフードであります。。。

 

 

 

二位

2位 アカナ

アカナドッグフード公式ページ

 

獣医さんからはコスト的に「オリジン」が厳しければ、これでも全然いいと思うよというニュアンスでご紹介いただきました。
オリジンと同じ会社が製造されている、いわばオリジンの廉価版。
肉の使用比率の差がコストの差であり、異なる肉質であるという事ではないようです。

 

 

三位

3位 カナガンドッグフード

カナガンドッグフード公式ページ

 

 

これは今うちの愛犬のドッグフードです。
実はこのドッグフードは獣医さんに聞いても知らなかったんです!?
私がグレインフリーで良さそうなドッグフードを探していて見つけたものです。
獣医さんは愛犬にオリジンをあげているとの事でしたけどね(笑)
カナガンドッグフードを持ち込み原材料や内容を見てもらった所、オリジンのような歴史や公開された情報量は少ないものの、素材だけ見るとすごいコスパではないかとおっしゃるではないですか。
迷いなく切り替えました。
偏食の愛犬も、まあパクパク、カリカリ食べてくれています。

 

 

これまではドッグフードの袋に描かれているキャッチフレーズや写真を見て「美味しそうだな」と思うものを選んでいました。
自分では食べるわけではないんですけどね(笑)
食べるのは愛犬ですが、購入者は飼い主ですもんね。
よく出来ていると思います。

 

 

【知っておきたい!】何故グレインフリーがおすすめなのか!?

 

ズバリ、愛犬が消化しやすいものだからです。
犬にとって穀物類が毒なわけでは決してなく、程度の問題なんでしょうが、犬は雑種といえど、そのルーツは肉食です。
つまり良質な肉、たんぱく質が非常に重要な栄養素となるわけです。

 

 

良質なグレインフリーのドッグフードは、穀物類でかさ増ししていませんので、肉の含有率が高くなります。
その分近所に売っている市販のドッグフードよりコストは上がりますが、愛犬の主食ですからね、多少は仕方ありません。

 

 

さらに、私たちより数倍のスピードで年を取っていく愛犬ですから、必要な栄養素の確保と、消化を妨げるものを避けてあげるのが理想的です。
ここは人も同じですが、消化に悪いものを主食にしてると、体が疲れてしまいます。
極力消化酵素を使わず、代謝酵素に回したいという事です。

 

 

【ウソ、ホント!?】ドッグフード業界の曲がった常識。

 

これだけは知っておいて下さい。

 

ドッグフード業界の実情として知っておかなければいけない事。

 

  • 日本産が安全というのは人間目線の食事情における話です。
  • ドッグフードの表示における法律は穴だらけです。
  • 原材料のエキスだのミールだのといった記載があるものは、人の口に入るレベルに達しなかった食材のミンチボールです。

 

ですから、プレミアムドッグフードの原材料には、わざわざ「骨抜きチキン」等と記載されているものも少なくありません。

 

 

人間はチキンの骨や羽、嘴や爪なんて食べないですよね。
ごちゃ混ぜにミンチにして小さく丸めて焼き、乾燥させ防腐剤をふりかけてパッケージされたものを、愛犬にあげられますか。
無理に決まってます。

 

 

ですから、プレミアムドッグフードと言っても、真にプレミアムなのではなく、最低限必要な品質、つまり人間が口に出来るヒューマングレードという意になります。
つまり、少なくともプレミアムドッグフードの中から選択したいわけです。
ドッグフードも例外なく、安かろう悪かろうです。

 

 

うちの愛犬も過去それとなくあげていたドッグフードにより、肥満が深刻化しました。
具体的には、消化の悪いかさ増し素材の蓄積が誘発した肥満です。

 

 

たまには手作りフードをあげるのもいいでしょう。
トッピングを入れてあげるのもいいでしょう。

 

しかしベースとなるドッグフードは拘るべきです。
また、正しい選択が出来ていればドッグフードほど一定の栄養素と手軽さを担保してくれるフードはないと思っています。