獣医が奨める愛犬の理想の食事とは?

今回は結論とも言える部分にフォーカスしていきたいと思います。
そう、獣医さんが推奨の「愛犬の理想の食事」についてです。

 

 

以前「【獣医に聞いた!】ドッグフードのおすすめランキング」の記事でも獣医さんが自身の愛犬に何を与えているのかをインタビューし書かせていただきました。
獣医さん自身、愛犬にとって理想の食事がどうあるべきと考えているか、非常に興味深いですよね。

 

犬の幸せ

 

自然に近い形はやはり手作りフード?

これまでにも他の記事で獣医さんの言葉から、質問の奥にある問題を先回りしてコメントしている獣医さんが多い事が判りました。
しかし、純粋に「愛犬にとって理想の食事とは?」と問うと、回答はどうなるのでしょうか。

 

 

やはり、無添加である事。
つまり、自然の素材そのままという事です。

 

 

今や私たち人間が口にするものですら、添加物まみれ。
自然のものではなく、人工的なものです。
あるべき論より、利便性を追求した結果でしょう。
となると、ワンちゃんたちの口に入るものなんて、自然の中にあるものとは大きくかけ離れてくるでしょう。

 

 

新鮮なお肉から良質なたんぱく質を摂取させてあげる事。
また、野生の肉食動物ですから、間接的に草食動物から植物を摂取しているとうかがいました。
そうした事から、新鮮なお肉、野菜、天然由来の出汁で少し味をつけたもの。
これが理想と仰っていました。

 

 

犬が必要とするタンパク源。
少しの植物で腸内環境を整える。
そして、嗜好性を高める為に塩分控えめ出汁で少し味を足してあげる。

 

 

心身ともに犬の事を考えた理想とも言えますね。
手間を惜しまなければ、それも可能でしょう。
毎回同じものでも、毎回美味しいものの方がワンちゃんも幸せでしょうからね。

 

 

私も昔田舎で飼っていた愛犬は私たちが食べ残した残飯でした。
心の満足度は高かったでしょうし、添加物とは無縁だったでしょう。

 

 

しかし、それをドッグフードに求めた場合、やはりそれなりのコストになりますよね。
ですから、やはり近所で買い物ついでに手に出来る安価なドッグフードでは、とうぜん期待出来ない内容でしょう。
ですが、この理想の食事のあり方から、少しでもドッグフード選びの基準を持つことが出来るのではないでしょうか。

 

 

やはり、最終的には愛犬への愛情こそがより良い食事へ導いてくれるんでしょう。
今回獣医さんからうかがった見解は非常に有意義なものでした。
そして、少しでも多くの愛犬家に共有されると幸いです。