獣医の視点、ドッグフードと犬向けサプリメントの関係性

犬にサプリメント。。。
数年遡るだけでも、イメージ出来ませんでした。
しかし、実際にサプリメントを処方する獣医も少なくありません。

 

サプリ

 

人間に置き換えて考えてみると、病気になったら薬か手術。
いわゆる内科と外科ですね。
これは西洋医学的発想ですよね。

 

 

一方で予防医学とされる東洋医学。
どちらかとこの考え方で治療しようとされる獣医さんが非常に多いです。
まあ、人間の病院との違いを考えれば自然ですよね。
ほとんどが個人病院。
大きな総合病院が極端に少ないわけですから。

 

 

特に食べ物です。
犬向けの療法食ドッグフードがありますね。
これと組み合わせて、必要な栄養素をサプリメントで補ってあげる。
こうした方針を持っている獣医さんは少なくありません。

 

 

私も最初は違和感がありましたが、副作用の強い薬より、よっぽど愛犬の身体への負担は少ないだろうと納得しました。
関節が弱っていたり、ビタミン、ミネラル不足なワンちゃんには効果的かと思います。
しかし、注意しなければいけない事があります。

 

 

粗悪なドッグフードが原因で、栄養素が不足している。
さらには、人口的な添加物の蓄積により病気を発症するワンちゃんも少なくないわけです。
よかれと思ってドッグフードをあげ、体調を崩し、動物病院へ行き、薬を飲み、副作用で弱る。
こんなサイクルがあってはなりません。

 

 

ですから、まず最適かつ安全なドッグフードを選ぶ事。
次に、よく愛犬を観察し、小さな異変を見逃さない事。
さらに近所にかかりつけの獣医さんがいれば、尚良しです。

 

 

やはり、体調が悪くなる前に対処してあげたいものです。
今はペットブームの煽りもあって、先天性の問題を抱えた愛玩犬も少なくありません。
足腰の状態。便の状態。涙やけ、嘔吐。
このような症状に対し、サプリメントを有効に付加してあげるのは、ワンちゃんの身体への負担を考えると、今度一般化するのかもしれませんね。

 

 

私も最初サプリメントを処方された際に、「えっ?サプリ?」とビックリしました。
本当にそんなのいるんですか?とすら思いました。
アメリカでは一般的。日本は遅れている。そうは言われても。

 

 

人間におけるサプリも同様の事が言えますよね。
でもベースは薬もサプリも犬用って実はほとんどないんです。
人間用を小さく砕いて処方しているだけ。
サプリの有効成分も私たちが聞き覚えのあるものばかりです。

 

 

ですから、獣医さんが食事療法やサプリを処方されるという事はプラスと見てよいでしょう。
ワンちゃんの事を大切に思ってくれているのだと私は感じます。