獣医はドッグフードをどう見ているのか?安全なの?

ワンちゃんが生涯で最も多く口にするであろう、ドッグフード。
人も犬も口から取り入れたもので身体がつくられますから、非常に重要ですね。
こちらについても獣医さんの意見を元に見つめなおしてみました。

 

ドッグフード

 

ドッグフードは安全なのか?

かかりつけの獣医さんにこの質問をしてみて下さい。
ほとんどのケースは「YES」と回答が来るでしょう。

 

 

むしろ手作りフード以上に、ドッグフードの方が安心と回答されるはずです。
【獣医の見解】ドッグフードと手作りフードはどちらが良いのか?」でも述べましたが、手作りフードは理想の献立を提供し続けられると考えないからです。
また、獣医さんは勉強の過程で病気については学びますが、ドッグフード業界の事情について学ぶ機会が少ないのです。
さらには、動物病院を経営していく立場となれば、尚更否定的な見解を述べる事はないでしょう。

 

 

しかしならが、経験則という点では獣医さんが最も多くのデータを持っています。
ですから、その経験を踏まえた見解は重要だとも思います。
そこには獣医ならではの、ある意味ドライな見解がありました。

 

 

ドッグフードを悪としてしまっては、より飼育を放棄する飼い主が増えてしまう。
こういう見解を持っているようです。
飼い主と愛犬双方がバランスよく日々をやりくりする事が最も重要だと。
非常に深い見解に思えました。

 

 

確かに飼い主の私たちは理想を追い求めます。
当然です、大切な家族の事ですから。
しかし、世の中がそう見ているかどうかは別です。
つまりドッグフード業界も商売であるという事です。

 

 

だから人間と犬を区別して当然という見方をしています。
さすがに飼い主はここまで俯瞰して物事を見るなんて無理です。
また、獣医さんはそれだけ不適切な飼育しかできていない飼い主を沢山目にして、可哀そうなワンちゃんを沢山見てきたからこそなんでしょう。

 

 

ですから、獣医さん
そんな獣医さんがご自身の愛犬にセレクトしたドッグフードは何なんでしょうか。
興味のある方は「【獣医に聞いた!】ドッグフードのおすすめランキング」の記事をご参照下さい。