獣医の考える、ドッグフードと体重管理について

信頼できる獣医さんほど、体重管理を徹底するようアドバイスをくれます。
肥満は愛犬にとって百害あって一利なしだからです。

 

愛犬肥満

 

すぐに療法食のドッグフードを奨めてくる獣医さんはどうかと思う。
これは低カロリーのドッグフードに切り替える以上に重要な事だと私は思います。

 

 

愛犬も太れば身体が重くなって足腰に負担がかかります。
また、人間同様内臓脂肪の肥大化は万病のもとです。
少しでも愛犬と長く暮らしたいのであれば、体重管理は必須なわけです。

 

 

信頼できる獣医さんでもドッグフードを薦めるわけ

「体重管理」が重要な事は理解いただけたと思います。
しかし、獣医さんによって「与え方」にフォーカスする方と、「与えるもの」にフォーカスする方に分かれます。
私が好感を持てるのは、もちろん前者です。

 

 

ただ、ほとんどの獣医さんが「ドッグフード」を奨めます。
それは、手作りフードは飼い主への負担が大きく、結果ワンコの栄養も不安定になる事を想定しているからだそうです。

 

 

確かにそうだと思います。
管理栄養士でもないのに、日々ワンコの健康に配慮した食事を手作り出来るだろうか。
時間に余裕があって、且つ愛犬に溺愛していないと続かない方がほとんどかと思います。
つまり、カロリー計算が容易だからという理由なんですね。

 

 

ただし、特定いのドッグフードをもって、「これをあげれば良いですよ」というのは違いと思います。
あくまで正しい量を規則的に与えるよう指導してくれる獣医さんの方が信頼出来ますね。
確かにドッグフードを切り替えるだけでワンコの体重管理が出来るのであれば、それが一番でしょう。
しかし、何キロを目安に与えればよいのか。
また、どういう事に注意すべきか。
こういった事の方がよっぽど重要な事に思えます。

 

 

私たち人間と違って体の小さなワンコによって、少量の誤差が積み重なった時に差異はとても大きいのです。
気が付けば肥満。体調不良。
これではワンコがあまりにもかわいそうです。

 

 

私も過去軽視していて、愛犬には申し訳ないと何度も感じました。
しかし、体重管理をしてあげる事で愛犬はどんどん適正体重に向かいました。

 

 

その結果どうなったか?
とても元気になりました。

 

 

身体も軽くなって動きが軽快です。
また、咳が随分緩和しました。
内臓脂肪が肥大すると、気管支を圧迫します。
小型犬は特に注意が必要です。

 

 

愛犬を守れるのは飼い主の我々だけ。
正しい知識をもって、いち早く正しく与え方にシフトしましょう。
その上でカロリー、原材料を吟味し、愛犬に適したドッグフードをセレクトしてあげましょう^ ^